骨粗鬆症を治療して頑丈な骨格づくり│加齢がもたらす症状

看護師

医療機関を使い分けるコツ

医者

平野区内で病気の治療をする時には、症状に合わせて診療所や病院を使い分けるのが良い方法です。様々な症状で悩む中高年は専門外来の受診を希望するケースも多く、診療科の多い病院であれば、様々な合併症対策にも最適です。

もっと見る

骨折しやすくなる病気

先生

骨が折れやすくなる原因

カルシウム、ミネラルの不足で骨量が低下し、骨折の可能性が高くなっている状態を「骨粗鬆症」と言います。また加齢により骨質が衰えていくことも発症の要因とされており、特に高齢者に多く見られる病気です。高齢者の場合、男性より筋力量が少ない女性の発症が多いとされています。そして病気や使用している薬物などが原因で発症する骨粗鬆症を「続発性骨粗鬆症」と言います。関節リウマチや糖尿病、ステロイド薬の内服などが主な要因となります。骨粗鬆症の内科での診断は、殆どの場合で「骨塩定量装置」の結果が優先されます。ただし高齢者の骨粗鬆症の場合、気付かぬ内に脊椎圧迫骨折などが既に起こっていることが多い為「X線検査」も行われるのが一般的です。

骨の病気の対処法と予防法

骨粗鬆症の治療は、食事療法、運動療法、薬物療法の3つの治療法が主体となります。そして高齢者の骨粗鬆症の場合は、筋力の低下を予防し転倒を絶対に避けることが重要となります。食事療法では、骨の主成分であるカルシウム、タンパク質を積極的に摂ることが重要となります。またそれらの栄養素の吸収を助ける、ミネラルも同時に摂取することも大切です。食事療法の治療において、食べてはいけないものはありませんが、リンや食塩、お酒などは控えた方が良いとされています。運動療法での治療では、激しい運動は避け、軽めの運動を毎日継続することが重要とされています。高齢者においては転倒の予防にも繋がり、運動療法は骨粗鬆症の治療において最も重要で不可欠な治療法とされています。

病気の症状を知る

女の人

リウマチの原因を特定して、正しい治療を行う事が大切ですが、口コミサイトなどの内容をすべて信じるのではなく、参考にしながら治療する病院を選択する事が大切です。世田谷区には多くの病院があり、その中から自分に合った治療方法や自宅からの距離を調べて治療する事も必要です。

もっと見る

頭蓋骨の中に発生する腫瘍

にっこり笑う女性

脳腫瘍は悪性と良性に分けられており、症状によって治療法が変わります。意外にもこの脳腫瘍は年齢によって症状が現れる部位が異なります。例えば小児は小脳などにできやすく、成人の場合は脳の大部分を占める大脳に現れやすいと言われています。

もっと見る